減圧蒸留装置とは

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 減圧蒸留装置

減圧蒸留装置

減圧蒸留装置とは、石油を精製する装置の一種で、常圧蒸留装置によって得られた常圧残油(原油からガス、ガソリン、灯油などを取り出した後に残った重油の一種)を蒸留分離させる役割を持つ。真空蒸留装置やバキュームともいわれる。

常圧蒸留装置は、原油を大気圧より少し高い圧力で蒸留するが、減圧蒸留装置は大気圧より低い圧力で蒸留分離する装置である。常圧残油の沸点は350度以上と非常に高いため、圧力を下げることで沸点を下げ、蒸留を行う。

減圧蒸留装置は、減圧蒸留塔といわれる大きな蒸留塔と、蒸留前の常圧残油を加熱する加熱炉、また蒸留塔の中を低圧に保つためにガスを排出する機能を持つ水蒸気駆動エジェクタ(真空ポンプ)から構成されている。

減圧蒸留装置によって、常圧残油は以下の2つに分けられる。

・減圧軽油(VGO)
沸点範囲が350 – 550℃程度の炭化水素からできている。英語でVacuum Gas Oilというため、VGOという略称でも呼ばれる。名前に軽油が入っているが重油の一種で、潤滑油の原料として使用される。

・減圧残油
沸点が約550℃以上の炭化水素からできている。アスファルトの原料として使用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる