ハンドガイド式ロードローラーとは

更新116

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ハンドガイド式ロードローラー

ハンドガイド式ロードローラー

ハンドガイド式ロードローラーとは、建設現場で地面を転圧する(締め固める)ときに使われるロードローラーの一種で、手押し型の小型ロードローラー。振動ローラー、ハンドガイドローラーとも言われる。小型のため、狭い道路や砂利・砂などの転圧に適している。

ハンドガイド式ロードローラーは、鉄輪や機体にバイブレーション装置が備わっている。機体の重みで地面を固めるのに加え、その際に鉄輪と機体を振動させることで、より深い層まで締固めることができる特徴がある。
また、その他のロードローラーとくらべて締め固める力が強いため、目的の硬さまで締め固めるまでの作業回数を抑えることができる。

ロードローラーには、ハンドガイド式ロードローラー以外に以下の種類がある。

マカダム式ロードローラー
ロードローラーの中で最もメジャーな種類であり、アスファルト舗装路盤(道路の基盤部分)の転圧に使用される。

タンデム式ロードローラー
広い道路の転圧に使用される。

タイヤローラー
アスファルト舗装する際の仕上げに使用される。

ハンドガイド式ロードローラー
手押しの小型ロードローラー。狭い道路などの転圧に使用される。

コンバインド式ロードローラー
鉄輪とタイヤの両方を備えており、転圧から仕上げまでが1台で可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる