マカダム式ロードローラーとは

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. マカダム式ロードローラー

マカダム式ロードローラー

マカダム式ロードローラーとは、地面を押し固めるために使われるロードローラーの一種で、建設現場でもっとも使われているタイプである。マカダムローラー、マカダム式ローラーともいわれる。

マカダム式ロードローラーには、前方に1つ、後方に2つ大きく重い車輪(鉄輪、ローラー)がついており、走行することで地面に圧力をかけて押し固める。自重は6~16tで、アスファルトを平坦に仕上げたいときによく用いられる。

ロードローラーには、マカダム式ロードローラー以外に以下の種類がある。

タンデム式ロードローラー
広い道路を押し固めるために使用。

タイヤ式ロードローラー
押し固めの仕上げに使用。

ハンドガイド式ロードローラー
手押しの小型ロードローラー。狭い道路などの押し固めに使用。

コンバインド式ロードローラー
鉄輪とタイヤの両方を備えており、押し固めから仕上げまでが1台で可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる