ブリーディング水とは

更新124

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ブリーディング水

ブリーディング水

ブリーディング水とは、フレッシュコンクリート内部で骨材セメントなどの固体材料が分離・沈降することによって、コンクリート内に含まれていた水の一部が遊離し、コンクリートの表層まで上昇する現象。もしくは、上昇する水の名称。

コンクリート表層のブリーディング水によって、コンクリートの強度は低下する。また、ひび割れなどが起こりやすくなる。
そのため、打設直後から水を吸引することでブリーディング水の発生を抑える必要がある。また、ブリーディング水が発生した場合は速やかに除去する。

ブリーディング水の発生と共に、ひび割れの原因となるレイタンス(脆弱な層)が発生することが多い。レイタンスも発生している場合は、ブリーディング水と共に取り除く必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる