スランプ試験とは

更新123

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. スランプ試験

スランプ試験

スランプ試験とは、生コンクリートの品質をはかる指標のひとつである「流動性」を確かめるための試験。
スランプとは、生コンクリートの流動性を示す値のことである。スランプ値の大きい生コンクリートほど、流動性が高い。単位はcmで表す。

建築物に使われる生コンクリートの適正なスランプ値は、15cm~18cmとされている。また、ダムなどの土木工事に使用する場合であれば、建築物用よりもスランプ値が低く、強度の高い生コンクリートが使われる。

■手順
スランプコーンといわれるコップのような入れ物に、生コンクリートを詰める

攪拌後、スランプコーンを逆さまに置き、コーンだけを垂直に抜き取る

地面に残った生コンクリートの頂点が、何cm下がるかを測定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる