トッパーとは

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. トッパー

トッパー

トッパーとは常圧蒸留装置トッピング装置)の別称で、掘り出した原油から灯油・軽油などのさまざまな成分を分離させるための装置。

トッパーは、大気圧よりも少し高い圧力で蒸留できる仕組みを備えた主蒸留塔と、蒸留前の原油から不純物を取り除く脱塩装置原油を加熱する原油加熱炉、蒸留によって分離したナフサ・LPGの混合物を、さらに各成分に分解するためのスタビライザー(蒸留塔)からできている。

トッパーによる一連の蒸留工程によって分離する成分は、以下の通りである。

オフガス
工場内の燃料になる。

・LPG
燃料や、石油化学原料として使用される。

ナフサ
ガソリンの原料や石油化学の原料として使用される。

灯油
灯油ジェット燃料として使用される。

・軽油
燃料として使用される。

・重油(常圧残油)
中小型船舶や、大規模ボイラーの燃料として使用される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる