鉄骨ユニット工法とは

更新123

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 鉄骨ユニット工法

鉄骨ユニット工法

鉄骨ユニット工法とは、工場で鉄骨住宅のほぼ大半をボックス単位であらかじめ仕上げて、現場で組み立てていく工法である。
同じ工法で、鉄骨ではなく木材を使用したものは木質ユニット工法と呼ばれる。

■長所
・品質が安定しており、職人の技量に左右されない。
・短い工期で家を完成させることができる。

■短所
・鉄骨は木造よりも熱や冷気を伝えやすいため断熱性が低く、対策のためのコストがかかる。
・設計の自由度が低い。
・搬入経路の事前確認のほか、輸送時に信号など周囲に接触しないよう十分な注意が必要である。

鉄骨ユニット工法で、鉄骨の柱と梁を剛接合(ごうせつごう)してより強度を増したものは鉄骨ラーメンユニット工法と呼ばれている。
剛接合…柱と梁の接合部分を溶接して一体化させた接合方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる