木造軸組工法とは

更新119

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 木造軸組工法

木造軸組工法

木造軸組工法とは在来工法の別称で、柱や梁を軸にして建物を建設する工法。日本の伝統的な木造建築工法の一種であり、設計の自由度が極めて高い工法として知られている。自由度が高いため、体育館やホールといった大きな建造物の設計も可能であり、建築後の増改築なども比較的容易にできるというメリットがある。
木造軸組工法は、基本的に土台・通し柱・梁によって構成されており、火打ちや筋交いなどの補強材を併用して耐震性を補う。

木造建築工法には、木造軸組工法以外に木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる