鉄骨組工法とは

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. 鉄骨組工法

鉄骨組工法

鉄骨組工法とは建築工法の一種で、鉄でできた柱や梁で建物の骨組みを造る工法。木造の建築工法の一種である在来工法木造軸組工法ともいう。木でできた柱や梁で骨組みをつくる)と造り方は同じであり、違いは柱と梁の材質のみである。

鉄は木よりも強度が優れているため、鉄骨組工法在来工法に比べて細い柱・梁で建物を組み立てることができる。そのため、室内の圧迫感が少ないといった利点がある。また、設計時の自由度が高いという利点も挙げられる。
一方、鉄は熱を通しやすいため、結露が発生しやすく、高熱にも弱いといったデメリットがある。また、壁が薄いために防音性が劣るといったデメリットも存在する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる