ピン接合とは

更新117

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. 用語辞典>
  3. ピン接合

ピン接合

ピン接合とは、部材を接合する接合形式の一種。節点が自由に回転するように接合する方法である。
反対に、接合部分が固定されている接合形式は剛接合といわれる。
金属造・木造の場合や、トラス構造の際に用いられる接合形式である。

節点が自由に回転することにより、曲げモーメントが発生しないメリットがあるが、支持部が回転してしまうため地震などによってかかる外力に弱いというデメリットもある。そのため、ピン接合を使った建築・建造物をつくる際はブレース筋交い)などの補強材を用いることにより、耐震力を担保することが多い。
※曲げモーメント…物体の、曲がる方向に作用する力。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリから調べる